消化器外科の看護師求人に強い転職サイトは、どこですか? 消化器外科の看護師に関する記事一覧

消化器外科の看護師の志望動機って、どんな内容だとウケが良い?

消化器外科の病院や病棟で働きたい、と思ってもすぐに採用につながるような志望動機をどう書けばいいのか、なかなか思いつかないかもしれません。

そんな時は、消化器外科の特性を踏まえて、志望動機を考えてみましょう。

消化器外科のどんなところにあなたが興味を持ち、あなたがどんな看護をしていいきたいのか、あなたの意欲を伝えられるような志望動機を実例も交えながら考えてみましょう。

消化器外科の看護師の志望動機=手術の専門知識でスキルアップしたい

消化器外科は消化器の手術に特化した領域です(病院によっては食道は胸部外科、肝胆膵外科、肛門外科など各臓器で独立させている場合もあります)。

一口に消化器と言っても食道から肛門まであり、実際にはかなり守備範囲は広いです。そして、それぞれの臓器や術式や再建法に特徴があり、それによって合併症への予測や対応が異なります。

手術範囲が一臓器にとどまらず、複数の臓器にまたがる場合も多くあり、その場合はより術後の回復過程が複雑になります。

また、腹部臓器は細菌を多く含む臓器の手術であるため、縫合不全などの合併症のリスクが高く、食生活の変更も余儀なくされることがあり独特な指導的ケアも必要になります。

このような消化器外科で手術直後の超急性期から退院までの回復期を看護するということは、かなりの専門知識と柔軟な対処が求められると言えます。

いっぽう、消化器外科ではその複雑さに対して誰でも均質な看護が提供できるように、クリニカルパスや教育的な環境が整っている病院が多いと言えます。

働いている看護師にも消化器外科が好きで、専門的な看護を磨くことに意識を置いている看護師が多くいます。

幅広い専門知識やいろいろな時期の患者さんへの看護を身に付けて、スキルアップを目指していると伝えることは消化器外科での採用には好印象につながるでしょう。

また、スキルアップしたいということは、今後も働き続けたいのだということを文意に含んで書くと、さらにイメージアップができるでしょう。

消化器外科の看護師の志望動機=急性期の看護をしたい

多くの消化器外科の病院では、手術直後の超急性期から回復期(退院)までの患者さんを看護しています。

消化器外科の手術の多くは腰椎麻酔で行える下腹部以外では、全身麻酔で行われ、開腹手術では手術時間も長時間になる場合が多いです。このような消化器の手術は、手術直後の急性期では急変のリスクもとても高いのです。

このような急性期の看護を通じて、患者さんの全身管理や急変への対応などに、様々な知識や経験や判断が養われます

いっぽう、急性期の患者さんは刻一刻と変化していきますので、その様子をそばで看ることはとても興味深い経験だと言えます。

急性期では患者さん自身も緊張状態にありますが、緊迫した時間の中にも看護師が人としての患者さんに興味を持って目や手を向けると患者さんも安心できます。

このため、急性期の患者さんを看護する現場では、患者さんを細やかに真剣な興味を持って看護できる看護師が求められています

ですから急性期の患者さんの看護に興味があり看護をしてみたいというのは、消化器外科の志望動機としては好感が持てるものです。

消化器外科の看護師の志望動機=患者さんの回復を援助したい

繰り返しになりますが、消化器外科では手術を通じて手術直後から退院までの患者さんを看護することになります。患者さんが手術や麻酔などの影響から回復して、日常生活や社会生活が送れるように回復して退院するまでの看護が行われています。

そして、患者さんの回復を促すことは、消化器外科の看護師にとって最も重要な役割の一つであり、仕事の楽しい一面でもあります

回復を促す看護では、観察しながら患者さんの指導やリハビリテーションを行い、患者さんのセルフケアの向上を考えながら、患者さんに応じて工夫して看護を行うことができます。

消化器外科では、リハビリやセルフケアに患者さんと一緒に取り組むことができる、知識を持ちながら患者さんの心を前向きに支えることができる看護師が求められています。

ですから患者さんの回復を患者さんと一緒に喜びながら看護をしたい、という動機も消化器外科の志望動機としてとても好感を持たれることでしょう。

消化器外科の看護師の志望動機の例文はこちら!

それではここで、具体的に消化器外科の志望動機の例文を見てみましょう。

「私が消化器外科を希望するのは、専門的な知識を身に付けてスキルアップをしたいからです。消化器外科では手術直後の急性期から回復期までを幅広く看ることができますし、手術直後では患者さんの全身管理もできると伺っています。

私は出産を期に一旦休職しておりましたが、今後も看護師を続けていくうえで、消化器は外すことができない専門領域だと考えています。

また、貴院の消化器外科にはクリニカルパスや教育制度が整備されており、私のようにブランクのある者でも働きながら学べると思い、志望いたしました。」

「私は貴院の消化器外科を志望しております。これまで慢性期を主とする病院で働いておりましたので、患者さんが回復して退院されるという消化器外科の現場に魅力を感じています。

また、これまで勤めていた病院でもリハビリテーション看護や患者指導に携わってきました。

患者さんの回復に必要なことや個々に合った方法は何なのかを、患者さんとともに取り組むことに看護師として喜びを感じており、これは消化器外科にも通じると考えています。

患者さんとともに前向きな気持ちで働ける消化器外科で、ぜひお仕事させていただきたいと考えています。」

以上、2つの例文を挙げさせていただきました。

このような例文を参考にしていただいて、あなたご自身の背景や、その地域や病院の特性を織り込みながら、志望動機を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

消化器外科看護の特性・役割やそこで求められている人材などを踏まえてみると、志望動機のポイントとしては、

「手術の専門知識でスキルアップしたい」

「急性期の看護がしたい」

「患者さんの回復を援助したい」の3点がありました。

ここにあなたご自身の背景や仕事に求めていること、病院の特性や職場の環境などを踏まえて、志望動機を考えてみてください。

もしかしたらこんな志望動機を見ていると、自分のここが消化器外科に合っているんじゃないか、こんな理由なら消化器外科で働く甲斐がある、と思った方もおられたでしょうか?

逆に、こんな思いで志望したのに今の職場では満たされていないと気づいてしまった方や、まだまだ何を志望動機にして良いかわからないという方もおられるかもしれません。

そんな時には転職サイトを見たり、転職コンサルタントに相談してみてください。あなたに合う職場を探したり、志望動機を一緒に考えたりしてくれますよ。

消化器外科の看護師求人に強い転職サイトは、どこですか? 消化器外科の看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る